キャッシングに収入証明書は必要なのか?

キャッシングする場合に収入証明書は必要なのか?最近よく聞かれる質問です。

その答えは、収入証明書は必要な場合と、必要でない場合に分かれるのです。

なぜ収入証明書が必要になったのか?そもそも以前までは消費者金融やクレジットカードのキャッシング審査時に収入証明書は基本的に必要ありませんでした。

しかし、2010年6月に貸金業法が改正となり、総量規制ができたことで、すべての人は貸金業者から融資を受けるには、年収の3分の1までと法律で決められたのです。

そのことによって、申込み人の年収を調査しなければならないことで、収入証明書が審査で必要になったのです。

収入証明書不要で借りれるキャッシングとは?

収入証明書はすべてのキャッシングにおいて必要ではありません。貸金業法では、50万円を超える借入又は、他の貸金業者との借入と合計して100万円を超える場合は収入証明書を取得することになっています。

その為、借入希望額が50万円以下で、他の貸金業者(消費者金融、クレジット・信販のキャッシング)との借入と合わせ100万円以下の場合は原則収入証明書は必要ありません。

しかし、消費者金融側が審査で収入証明書が必要と判断したならば、50万円以下の借入でも提出を求められることがあります。

銀行カードローンなら収入証明書不要で借りれる?

50万円を超える貸付の場合に収入証明書を取得することを定めているのは貸金業法です。その為、その適用を受けるのは貸金業者だけとなり、銀行は銀行法という別の法律があることで銀行カードローンなら事細かい規制はないのです。

その為、銀行カードローンであれば、限度額100万円以下なら収入証明書不要で借りることが可能となっています。有名なカードローンだと、オリックス銀行カードローンは300万円以下は収入証明書不要、三菱東京UFJ銀行カードローンは100万円以下は収入証明書不要となっています。

銀行カードローンは収入証明書不要の金額が消費者金融と比べれば2倍以上となっていますが、それ以上に、他の借入金額は関係ないという点が大きな魅力です。

消費者金融では、例え10万円でも他社から100万円借りれがあった場合は、審査で必ず収入証明書が必要になります。

しかし、銀行カードローンであれば、他の借入金額は全く関係が無く、自社の貸付額が100万円以下ならば原則、収入証明書は必要がありません。

このことから、今後は収入証明書不要カードローンの需要が高くなってくることは確実であり、消費者金融会社は、総量規制に加えて、収入証明書の点でも銀行に比べ大きく不利となっていると言わざるを得ません。

消費者金融と銀行ードローンのおまとめローンならどっち?

おまとめローンを選ぶ場合、消費者金融か、銀行カードローンか迷うところです。審査だけで選ぶのであれば、消費者金融のおまとめローンの方が審査に通りやすい感じがしますが、実際はどうなのでしょうか?

おまとめローンとは、複数の借り入れを1つにまとめ、一本化することですが、おまとめすることによって、どんなメリットがあるのか知っていますか?

おまとめローンは契約後に自分の思っていた契約と違っていたとしても、金額が高額になる場合が多く、契約を解除するには一括で返済しなければならず、契約後に後悔してもなかなかまた最初からということはできないローンなのです。

おまとめローンなら、おまとめローン比較がおすすめです。

消費者金融のおまとめローンは返済専用?

消費者金融のおまとめローンの特徴は借入後に原則追加融資は受けられない返済専用のローンとなることです。その為、きちんと返済計画を立てて、借金を早く無くしていきたい人にとってはおすすめですが、契約途中で追加で少々キャッシングしたい人にとってはあまり向いていないと言えます。

おまとめローンで契約した後に質問が一番多いのは、契約後の追加融資の件です。おまとめローンは金額が高くなることから、通常は5年以上の返済期間を設け、余裕をもって返済できる金額で払っていくパターンが多いでしょう。

しかし、それはあくまで返済のみのプランとなっており、例えば冠婚葬祭等で急に現金が必要になっても、消費者金融のおまとめローン会社へ融資申込みしたとしても、追加で借りられることは滅多にありません。

銀行のおまとめローンなら追加借入も可能!

銀行のおまとめローンは追加借入も可能となっていますが、これは、おまとめローンという商品ではなく、通常のフリーローンとして銀行が融資している点が大きいと思います。

銀行カードローンのメリットは、低金利と限度額が高いことですが、この高い限度額によって、おまとめローンも可能になっているのです。

東京スター銀行のおまとめローンは、おまとめ専用の商品ですが、このように最初からおまとめ専用としているのは珍しく、ほとんどの銀行カードローンでは事業性以外であれば使途自由になっているので、多くの人はおまとめローンや借り換えローンに利用することが多いのです。

おまとめローンするなら銀行カードローンの方がおすすめ!

結論を言えば、おまとめローンを申込みするのであれば、銀行カードローンへ申込みする事の方がおすすめです。低金利であり、限度額内でも追加借りれが可能な点がその理由ですが、審査は厳しくなりますので、審査に不安な人は消費者金融のおまとめローンへ申込みした方が融資を受けられる可能性は高いと言えます。

カードローン比較サイトでおまとめローンを探してもどこに申込みしたらお得なのかなかなか分かりません。そのような時は銀行カードローンへ申込みしてみることが良いと思います。

消費者金融、銀行カードローン、どちらに申込みしても、おまとめすることが目的の事を忘れないようにしましょう。おまとめ後に借り入れを増やせば、まとめる前よりも借金が膨れ上がり、多くの人はそれが原因で返済不能になってしますのです。おまとめローンは返済を楽にすることもメリットにありますが、借金を早期完済することが第一条件ということを心に刻んで返済することが大事なのです。

無利息キャッシングを賢く使う!

キャッシングには無利息で借りれる会社があります。具体的に言えば、消費者金融ではプロミスやノーローン、銀行カードローンでは、レイクやジャパンネット銀行ネットキャッシングが該当します。

実は無利息キャッシングはすべての会社が行っているわけでは無く、ごく限られたキャッシングしか無利息サービスはしていないのです。

その為、キャッシングを初めて借りるのであれば、絶対に無利息サービスがあるキャッシングから借りることをオススメします。

無利息適用は新規契約のみ!

カードローンにとって、利息収入は売上です。ですから、いかに多くの利息収入を得るかが会社として大きくなるポイントになるのです。

そう考えたとき、無利息にしてなんのメリットがあるのか?と思いますよね。

キャッシング会社の無利息は、30日間や1週間などの期間限定です。無利息期間内であれば、利息は一切発生しませんが、その期間を過ぎれば、通常に利息は発生します。

要するに、無利息サービスをすることによって、新規会員を獲得することが狙いなのです。

キャッシングの利息収入をあげることは会員数を増やすことが一番です。どこのキャッシング会社も新規融資はもっとも力をいれています。

その為、無利息サービスは、新規契約の1回限りが一般的になっています。新規契約で無利息期間中に完済して、また再度申込みして借りても、無利息は付きません。

ノーローンは業界唯一なんどでも1週間無利息!

無利息サービスは新規契約しか付かないと説明しましたが、なんどでも無利息になるキャッシング会社があります。

それは、新生銀行グループのノーローンです。ノーローンは業界唯一、なんどでも1週間無利息が可能になっています。

無利息期間は1週間限定ですが、1週間後に返せば利息は0円で、その翌月にまた借りたとしても、1週間無利息になるのです。

これはすばらしくメリットがあり、上手に使えば、本当に利息を1円も払わずになんどでも使うことができるのです。

キャッシングを借りるのであれば、無利息のキャッシング会社から借りることをおすすめします。

総量規制対象外のカードローンとは?

総量規制対象外のカードローンとは、主に銀行カードローンのことを言います。

なぜ、銀行カードローンが総量規制対象外なのかと言うと、総量規制とは、貸金業法の法律であり、銀行は銀行法という別の法律があることで、貸金業法は関係が無く、すなわち総量規制も対象外となるのです。

総量規制とは、年収3分の1を超える貸付を禁止としています。その為、全ての人は消費者金融から借りる場合、基本的には年収の3分の1までしか借りることができないのです。

しかし、銀行カードローンは総量規制対象外なので、この年収3分の1はありません。ですから、消費者金融では年収1/3によって断られた人は、銀行カードローンなら借りれる可能性があると言うことになります。

総量規制対象外の審査は厳しい!

消費者金融では借りられなくて、銀行カードローンなら借りれる可能性があると言うと、銀行カードローンの審査は甘いと想像してしまうかもしれませんが、あくまで「銀行」の為、審査は消費者金融と比べれば厳しいです。

その為、安易な考えで、多くの借金がある中、銀行カードローンへ申込みしても総量規制対象外だから借りれるわけではありません。

銀行カードローンの審査はまず、保証会社の審査から始まります。銀行カードローンの利用条件として保証会社の保証を受けられる人と言う文言が必ずあります。

保証会社とは消費者金融などの貸金業者が受けており、まずは保証会社の審査を通らなければ総量規制対象外の銀行カードローンは借りられないのです。

では、まったく銀行カードローンから借りられないか?と言えばそうでもないのです。銀行カードローンは今個人向けの消費者ローンに積極融資しており、融資残高は増加の一途を辿っています。

それだけ銀行はキャッシングカードローン市場に積極参入していることから、保証会社の審査が通った人は高確率で銀行カードローンの融資を受けられるでしょう。

年収3分の1以上借入があったとしても、返済能力があれば、借りれる可能性はあります。そして、借り換えローンやおまとめローンなどの特殊融資であった場合には、融資確立はまた上がります。

なぜならば、借り換えローンやおまとめローンは完済することが条件となるので、銀行カードローンが貸付後も負債件数は減り、借入残高も大きく増えることはないからです。

借金が多い人はフリーローンで申込みするよりも、借り換えローンやおまとめローンで申込みした方が、銀行も納得して融資をしてくれるかもしれません。

総量規制対象外のカードローンを知りたい人はこちらのサイト(総量規制対象外!年収規制が無いカードローン特集)がおすすめです。

キャッシングカードローン借り換えとは?

キャッシングカードローンの借り換えとは、今借りているところよりも低金利のキャッシングカードローン会社より借りて、その融資金でもともとの借入先を完済することを言います。

借り換えすることのメリットは、非常に多く、金利が下がることで、利息が低くなることです。

キャッシングカードローンの返済は支払した金額がそのまま残高より減るわけではありません。当然利息があることから、残高を減ら為には、利息を低くすることが一番重要なことなのです。

例えば、今金利18%で消費者金融から借りているとします。それを金利9%の銀行カードローンへ借り換えすることで金利は9%も低くなり、利息は約半額になるのです。

そうした場合、毎月の残高の減りは今までの倍減ることになり、約半分の年月で完済することも可能になるのです!

借り換えローンとおまとめローンの違いは?

借り換えローンとおまとめローンの違いについてよく聞かれますが、借り換えローンもおまとめローンも内容は同じで、1社や2社などの少ない借り換えのことを借り換えローン、それ以上の複数借り換えを1本におまとめするローンのことを、おまとめローンと呼んでいるだけです。

どちらも借り換えすることいは変わりありませんが、複数の借入を1本化したおまとめローンは1社だけの借り換えよりも、利息の軽減はかなり大きく、それだけキャッシングカードローンは金利が大きなウエイトを占めているということになります。

キャッシングカードローンの借り換えで注意しなければならない点は、必ず借り換えすることが条件となるローンがあることです。フリーローンで借りて、完済する場合はその条件はありませんが、消費者金融などのおまとめローンの場合は、借り換えが絶対条件となることから、もし、低金利で融資を受けても、借り換え先を完済しなければ契約違反となり、最悪、一括請求をされてしまいます。

そして、借り換えせずに、融資金を全額使ってしまった場合は、負債はかなり膨れ上がり、返済不能になるケースも多々ありますので、借り換え・おまとめローンの場合は絶対に完済しなければなりません。

キャッシングカードローン借り換えについてはこちらのサイト(カードローン借り換え比較サイト)が詳しくかいてあります。ぜひ参考に見てください。

キャッシングならキャッシング大辞典へ!

キャッシングは非常に難しいものです。どこで借りれば安く低金利で借りれるのか?審査が通るキャッシング会社はどこなのか?

キャッシングは現金を借りることですから、だれでも低金利で安心して安全に借りたいのは事実です。

しかし、キャッシングのマニュアルや教科書などは存在しません。あくまで自分自身で調べて、借りてみた結果、そのキャッシングが良かったのかどうか、自分自身で判断するしかないのです。

でも、本当に知りたいのは、借りた後ではなく、借りる前ですよね?借りた後に別のキャッシング会社にしとけばよっかた!!と思っても、もう遅いのです。

当サイトはそんな不幸な人を増やさない為にも、あらゆるキャッシングの知識について書いていき、キャッシングの申込み前に見る教科書やマニュアルみたいな存在になれればと思い立ち上げました。

ぜひ、今からキャッシングする人などはキャッシング大辞典でよく調べてから、納得してお金を借りてください。不明なことや分からないことがあれば、コメント欄にコメント頂ければ、丁寧に教えます。

続きを読む