おすすめの銀行カードローンベスト3!

キャッシング大辞典管理人がおすすめする銀行カードローンベスト3を発表します。

なにがおすすめによって、ランキングは変わってくるのですが、金利・限度額・審査時間、融資までの日数、借りやすさなど、総合的な面で決めてみました。

これに異論がある人は、このランキングを参考にしないでください。

まず、銀行カードローンと消費者金融はどこが違うのか?と聞かれる問題ですが、金利と限度額が多少違うだけで、中身は同じです。

消費者金融も銀行カードローンも同じ市場で営業していますが、銀行カードローンだけは総量規制対象外というメリットがあり、かなりおかしいことになっています。

しかしながら、銀行ローンの審査はそれだけで厳しいことになっていますので、総量規制が無いと言っても借りれると決まったわけではないのです。

おすすめ銀行カードローンベスト3

【1位 オリックス銀行カードローン】
オリックス銀行カードローンがおすすめ1位の理由は、審査に通りやすい点があります。申込み条件は前年度の年収200万円以上となっているので、一見厳しい審査に見えますが、正社員の人であれば、税込年収200万円以上はそこまで難しくない金額と言えます。
又、収入証明書は300万円まで不要、最短即日審査、銀行口座不要など、銀行カードローンでもメリットが高くなっているのがおすすめの理由と言えます。オリックス銀行カードローンの審査に関してはhttp://www.dogmabars.com/←ここを見ると良くわかります。

【2位 三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック】
三菱東京UFJ銀行カードローンの特長は専業主婦でも融資可能な点にあります。配偶者に安定的な収入があれば最大30万円、学生でも10万円まで銀行カードローンで借りることができます。
そして、テレビ窓口を利用することで最短即日融資で借りれることも大きなポイントです。

【3位 楽天銀行カードローン】
楽天銀行カードローンは金利が低金利なのが魅力です。4.9%~14.5%はバンクイックよりも金利が低くなっており、最短即日融資も可能です。しかしながら、インターネット上ではあまり口コミ評判が良くないのが気になる点ですが、スペックと審査スピードに関しては群を抜いてます。

総量規制対象外はどこ?

最近よく総量規制対象外と聞きますが、素人の自分にとっては、いったい何が対象外なのか?総量規制とは?意味が全くちんぷんかんぷんになっています。

はっきりと、総量規制対象外のカードローンはここですよ!と教えて貰った方が、ぶっちゃけめちゃくちゃありがたいんですが、自分なりに調べたのでご報告したいと思います。

まず、総量規制対象外は以下のカードローンです。

・三菱東京UFJ銀行カードローン
・オリックス銀行カードローン
・みずほ銀行カードローン
・楽天銀行カードローン
・イオン銀行カードローン

この点から気づく人も多いと思いますが、総量規制対象外のローンとは、銀行カードローンになるのです。

なぜ銀行カードローンが総量規制対象外なのかと言えば、どうも貸金業者ではないからです。総量規制とは、年収3分の1までに融資を抑制した決まりですが、これは消費者金融会社やクレジット会社などが受けるだけであって、銀行はノーマークみたいです。

だから、銀行ならいっぱいお金が借りれる!と思った人!間違いですww

なぜなら、銀行は審査が厳しく、総量規制がなかったとしても、年収1/3を超えるような貸付はまずしないからです。

だから、今インターネットで話題になっている、総量規制対象外のカードローンは借りれる!というのは一種の都市伝説と同じで、実際にはそんな簡単に借入はできないのです。

最初から借りたいと思っている人は、今まで通り消費者金融から申込みしてみましょう。

消費者金融から借り換えする場合の注意点

消費者金融は金利が高いと言えば、高いです。しかし、クレジットカードからキャッシングした場合と消費者金融から借入した場合の金利は、ほとんど変わらないことを知っていますか?

クレジットカードからのキャッシングは金利17%~18%設定となっており、消費者金融の金利18.0%とほとんど同じ金利で貸付をしているのです。

その為、クレジットカードのキャッシング数社借りている人や消費者金融数社借りている人は、金利17%~18%になっており、かなり高い金利を払っていると思っておいた方が良いでしょう。

そのような場合は、銀行カードローンで借り換えすることをおすすめいたします。カードローン借り換えと聞くと、難しいと思ってしましますが、そこまで難しくはありません。

今の銀行カードローンはすべて総量規制対象外となっており、この法律の抜け道をついて、消費者金融からの借り換え・おまとめローンを積極展開しているのです。

その為、自分自身の借金が年収3分の1以上となっているからと言って諦めなくても大丈夫なんです。

銀行カードローンで借り換えするならどこがいいの?

銀行カードローンで借り換えするならば、低金利のローンが良いに決まっていますが、借金の金額が年収3分の1を超えている人は多重債務者となっている可能性が高く、そんな自分でも借りられるのか?

銀行カードローンは審査が厳しいでしょ?と思っている人!それは半分当たっており、半分外れていますw

先ほども言ったように、銀行は総量規制対象外です。勤続年数などの内容が良ければ、借りられる可能性はまだあると思っていおいた方が良いです!

金貸しとは、お金を貸さないと始まりません。その為、いかに融資をしていくことが最重要課題なのです。もう借りられないと思って、銀行カードローンに申込みしていない人は、借り換えローン目的で申込みしてみることが大事です。

借り換えローンであれば、今借りている借入は完済することが条件になりますので、借金の金額はそこまで大幅に増えることがありません。

これは貸付する側にとっても有益なことなのです。

さぁ、自身をもって、銀行カードローンへ借り換えで申込みしてみましょう!審査に落ちたときは、その時、今後どうするか考えればいいのです。

イオン銀行カードローンが低金利すぎる件

カードローンの中で低金利と言えば、銀行カードローンになりますが、それでも低金利と言えるのは、イオン銀行カードローンなんです。

なぜかと言えば、まず、上限金利(審査に通って借りた場合で一番設定される高い金利)が13.8%となっています。そして、100万円以上の場合、その金利は8.8%まで引下がり、200万円以上になればさらに低金利になります。

13.8%がとれだけ低金利なのか?と素人の人には分かりにくいかもしれませんが、まず、消費者金融大手のアコムやプロミス、モビットなどから10万円を借りた場合、100%金利は18.0%(プロミスは17.8%)になるのです。

しかし、イオン銀行カードローンであれば10万円借りても金利は13.8%!!じゃぱネットたかたみたいな感じになってしまいましたが(笑)

仮にモビットから金利13.8%で借りようと思ったら、150万円以上は絶対に借りないと適用されることは無い金利なのです。

それがイオン銀行カードローンであれば10万円から借りられるのです!

100万円の金利8.8%はやばい!

そして、100万円の場合の金利8.8%のレベルは、かなりやばいです。ワンピースで例えるならば、ゾロとサンジがフュージョンで合体したぐらいのレベルなのです!分かりにくいですか?笑

この金利をアコムやプロミスから借りようと思っても・・・多分借りられません!!笑

借りるなら、借り換えローンやおまとめローンなどの専用のローンで300万円以上の借入をしなければ金利8.8%という数字は無理でしょう!

それほどに低金利なのです。ざっくりですが、イオン銀行カードローンが低金利なのは分かってもらえたのでしょうか?

デメリットは、審査時間が長すぎる!ということです。モビットやアコムなどは審査時間は最短30分の時代なのに、イオン銀行カードローン審査は約1週間~2週間!笑

かなり長いです。これはあくまで審査の日数です。融資までの日数ではありませんよ?

そこから契約してカードの郵送日数がありますので、審査に通過しても借入するまでに約3週間レベル!!

これはちょっと長すぎますよね・・。

しかし、それぐらいの時間をかけてもいいぐらいの低金利ローンと言えるのも確かなことなのです。

カードローン借り換えでおすすめなのは?

カードローン借り換えは毎月の利息が多くなってきた人や、なかなか残高が減らないと思っている人にはかなりおすすめの手法と言えます。

上手に借り換えできれば、同じ返済金額を入金していたとしても、完済になるまでのスピードが圧倒的に違うからです。

例えばサラ金(消費者金融)では借入利率は18%となる場合が多いです。これを低金利なカードローン借り換えをすることができれば1万円返済しても借入金の減り具合が全く違ってくるのです。

では、借り換えするのに低金利でおすすめはどこなのか?という話になりますが、おすすめはやはり銀行カードローンと言う結論になります。特にオリックス銀行カードローンがおすすめです。詳しくはこのサイトhttp://www.wiscontrepreneur.org/が参考になると思います。

なぜ銀行カードローンが借り換えにおすすめなのか?

なぜ銀行カードローンが借り換えにおすすめなのか?という点は、ずばり低金利だからです!銀行カードローンであれば金利は14%よりも下で借りられる可能性があるのです。

例えば、みずほ銀行カードローンであれば金利は4.0%~14.0%になっているので、審査に通りさえすれば14.0%以下の金利になることはまちがいないのです。

消費者金融で借りれば18%だけど、みずほ銀行で借りれば14%です。どちらともキャッシングローンになりますので、商品内容は同じです。ただ、金利が高いか低いかだけの問題なのです。

もう一つおすすめを言えば、三井住友カードゴールドローンはかなりおすすめの借り換え先です。金利が4.5%~9.8%になっているので、最初から金利は9.8%より下になるからです。

金利が低いほど審査は厳しいの?

金利が低いほど審査が厳しいのか?という話をよく聞くけれど、それは本当です。審査が甘いと言うことはそれだけリスクある客層に融資していることから、金利は高く設定されています。

金利が低くても融資をしている背景には信用がある客層というのがあるからです。

審査が厳しくても通過する自信がある人は、カードローン借り換えであれば三井住友カードゴールドローンが第一候補となるでしょう。

キャッシングに収入証明書は必要なのか?

キャッシングする場合に収入証明書は必要なのか?最近よく聞かれる質問です。

その答えは、収入証明書は必要な場合と、必要でない場合に分かれるのです。

なぜ収入証明書が必要になったのか?そもそも以前までは消費者金融やクレジットカードのキャッシング審査時に収入証明書は基本的に必要ありませんでした。

しかし、2010年6月に貸金業法が改正となり、総量規制ができたことで、すべての人は貸金業者から融資を受けるには、年収の3分の1までと法律で決められたのです。

そのことによって、申込み人の年収を調査しなければならないことで、収入証明書が審査で必要になったのです。

収入証明書不要で借りれるキャッシングとは?

収入証明書はすべてのキャッシングにおいて必要ではありません。貸金業法では、50万円を超える借入又は、他の貸金業者との借入と合計して100万円を超える場合は収入証明書を取得することになっています。

その為、借入希望額が50万円以下で、他の貸金業者(消費者金融、クレジット・信販のキャッシング)との借入と合わせ100万円以下の場合は原則収入証明書は必要ありません。

しかし、消費者金融側が審査で収入証明書が必要と判断したならば、50万円以下の借入でも提出を求められることがあります。

銀行カードローンなら収入証明書不要で借りれる?

50万円を超える貸付の場合に収入証明書を取得することを定めているのは貸金業法です。その為、その適用を受けるのは貸金業者だけとなり、銀行は銀行法という別の法律があることで銀行カードローンなら事細かい規制はないのです。

その為、銀行カードローンであれば、限度額100万円以下なら収入証明書不要で借りることが可能となっています。有名なカードローンだと、オリックス銀行カードローンは300万円以下は収入証明書不要、三菱東京UFJ銀行カードローンは100万円以下は収入証明書不要となっています。

銀行カードローンは収入証明書不要の金額が消費者金融と比べれば2倍以上となっていますが、それ以上に、他の借入金額は関係ないという点が大きな魅力です。

消費者金融では、例え10万円でも他社から100万円借りれがあった場合は、審査で必ず収入証明書が必要になります。

しかし、銀行カードローンであれば、他の借入金額は全く関係が無く、自社の貸付額が100万円以下ならば原則、収入証明書は必要がありません。

このことから、今後は収入証明書不要カードローンの需要が高くなってくることは確実であり、消費者金融会社は、総量規制に加えて、収入証明書の点でも銀行に比べ大きく不利となっていると言わざるを得ません。

消費者金融と銀行ードローンのおまとめローンならどっち?

おまとめローンを選ぶ場合、消費者金融か、銀行カードローンか迷うところです。審査だけで選ぶのであれば、消費者金融のおまとめローンの方が審査に通りやすい感じがしますが、実際はどうなのでしょうか?

おまとめローンとは、複数の借り入れを1つにまとめ、一本化することですが、おまとめすることによって、どんなメリットがあるのか知っていますか?

おまとめローンは契約後に自分の思っていた契約と違っていたとしても、金額が高額になる場合が多く、契約を解除するには一括で返済しなければならず、契約後に後悔してもなかなかまた最初からということはできないローンなのです。

おまとめローン比較なら、ローン一本化がおすすめです。

消費者金融のおまとめローンは返済専用?

消費者金融のおまとめローンの特徴は借入後に原則追加融資は受けられない返済専用のローンとなることです。その為、きちんと返済計画を立てて、借金を早く無くしていきたい人にとってはおすすめですが、契約途中で追加で少々キャッシングしたい人にとってはあまり向いていないと言えます。

おまとめローンで契約した後に質問が一番多いのは、契約後の追加融資の件です。おまとめローンは金額が高くなることから、通常は5年以上の返済期間を設け、余裕をもって返済できる金額で払っていくパターンが多いでしょう。

しかし、それはあくまで返済のみのプランとなっており、例えば冠婚葬祭等で急に現金が必要になっても、消費者金融のおまとめローン会社へ融資申込みしたとしても、追加で借りられることは滅多にありません。

銀行のおまとめローンなら追加借入も可能!

銀行のおまとめローンは追加借入も可能となっていますが、これは、おまとめローンという商品ではなく、通常のフリーローンとして銀行が融資している点が大きいと思います。

銀行カードローンのメリットは、低金利と限度額が高いことですが、この高い限度額によって、おまとめローンも可能になっているのです。

東京スター銀行のおまとめローンは、おまとめ専用の商品ですが、このように最初からおまとめ専用としているのは珍しく、ほとんどの銀行カードローンでは事業性以外であれば使途自由になっているので、多くの人はおまとめローンや借り換えローンに利用することが多いのです。

おまとめローンするなら銀行カードローンの方がおすすめ!

結論を言えば、おまとめローンを申込みするのであれば、銀行カードローンへ申込みする事の方がおすすめです。低金利であり、限度額内でも追加借りれが可能な点がその理由ですが、審査は厳しくなりますので、審査に不安な人は消費者金融のおまとめローンへ申込みした方が融資を受けられる可能性は高いと言えます。

カードローン比較サイトでおまとめローンを探してもどこに申込みしたらお得なのかなかなか分かりません。そのような時は銀行カードローンへ申込みしてみることが良いと思います。

消費者金融、銀行カードローン、どちらに申込みしても、おまとめすることが目的の事を忘れないようにしましょう。おまとめ後に借り入れを増やせば、まとめる前よりも借金が膨れ上がり、多くの人はそれが原因で返済不能になってしますのです。おまとめローンは返済を楽にすることもメリットにありますが、借金を早期完済することが第一条件ということを心に刻んで返済することが大事なのです。

無利息キャッシングを賢く使う!

キャッシングには無利息で借りれる会社があります。具体的に言えば、消費者金融ではプロミスやノーローン、銀行カードローンでは、レイクやジャパンネット銀行ネットキャッシングが該当します。

実は無利息キャッシングはすべての会社が行っているわけでは無く、ごく限られたキャッシングしか無利息サービスはしていないのです。

その為、キャッシングを初めて借りるのであれば、絶対に無利息サービスがあるキャッシングから借りることをオススメします。

無利息適用は新規契約のみ!

カードローンにとって、利息収入は売上です。ですから、いかに多くの利息収入を得るかが会社として大きくなるポイントになるのです。

そう考えたとき、無利息にしてなんのメリットがあるのか?と思いますよね。

キャッシング会社の無利息は、30日間や1週間などの期間限定です。無利息期間内であれば、利息は一切発生しませんが、その期間を過ぎれば、通常に利息は発生します。

要するに、無利息サービスをすることによって、新規会員を獲得することが狙いなのです。

キャッシングの利息収入をあげることは会員数を増やすことが一番です。どこのキャッシング会社も新規融資はもっとも力をいれています。

その為、無利息サービスは、新規契約の1回限りが一般的になっています。新規契約で無利息期間中に完済して、また再度申込みして借りても、無利息は付きません。

ノーローンは業界唯一なんどでも1週間無利息!

無利息サービスは新規契約しか付かないと説明しましたが、なんどでも無利息になるキャッシング会社があります。

それは、新生銀行グループのノーローンです。ノーローンは業界唯一、なんどでも1週間無利息が可能になっています。

無利息期間は1週間限定ですが、1週間後に返せば利息は0円で、その翌月にまた借りたとしても、1週間無利息になるのです。

これはすばらしくメリットがあり、上手に使えば、本当に利息を1円も払わずになんどでも使うことができるのです。

キャッシングを借りるのであれば、無利息のキャッシング会社から借りることをおすすめします。

総量規制対象外のカードローンとは?

総量規制対象外のカードローンとは、主に銀行カードローンのことを言います。

なぜ、銀行カードローンが総量規制対象外なのかと言うと、総量規制とは、貸金業法の法律であり、銀行は銀行法という別の法律があることで、貸金業法は関係が無く、すなわち総量規制も対象外となるのです。

総量規制とは、年収3分の1を超える貸付を禁止としています。その為、全ての人は消費者金融から借りる場合、基本的には年収の3分の1までしか借りることができないのです。

しかし、銀行カードローンは総量規制対象外なので、この年収3分の1はありません。ですから、消費者金融では年収1/3によって断られた人は、銀行カードローンなら借りれる可能性があると言うことになります。

総量規制対象外の審査は厳しい!

消費者金融では借りられなくて、銀行カードローンなら借りれる可能性があると言うと、銀行カードローンの審査は甘いと想像してしまうかもしれませんが、あくまで「銀行」の為、審査は消費者金融と比べれば厳しいです。

その為、安易な考えで、多くの借金がある中、銀行カードローンへ申込みしても総量規制対象外だから借りれるわけではありません。

銀行カードローンの審査はまず、保証会社の審査から始まります。銀行カードローンの利用条件として保証会社の保証を受けられる人と言う文言が必ずあります。

保証会社とは消費者金融などの貸金業者が受けており、まずは保証会社の審査を通らなければ総量規制対象外の銀行カードローンは借りられないのです。

では、まったく銀行カードローンから借りられないか?と言えばそうでもないのです。銀行カードローンは今個人向けの消費者ローンに積極融資しており、融資残高は増加の一途を辿っています。

それだけ銀行はキャッシングカードローン市場に積極参入していることから、保証会社の審査が通った人は高確率で銀行カードローンの融資を受けられるでしょう。

年収3分の1以上借入があったとしても、返済能力があれば、借りれる可能性はあります。そして、借り換えローンやおまとめローンなどの特殊融資であった場合には、融資確立はまた上がります。

なぜならば、借り換えローンやおまとめローンは完済することが条件となるので、銀行カードローンが貸付後も負債件数は減り、借入残高も大きく増えることはないからです。

借金が多い人はフリーローンで申込みするよりも、借り換えローンやおまとめローンで申込みした方が、銀行も納得して融資をしてくれるかもしれません。

総量規制対象外のカードローンを知りたい人は総量規制対象外!年収規制が無いカードローン特集がおすすめです。

キャッシングカードローン借り換えとは?

キャッシングカードローンの借り換えとは、今借りているところよりも低金利のキャッシングカードローン会社より借りて、その融資金でもともとの借入先を完済することを言います。

借り換えすることのメリットは、非常に多く、金利が下がることで、利息が低くなることです。

キャッシングカードローンの返済は支払した金額がそのまま残高より減るわけではありません。当然利息があることから、残高を減ら為には、利息を低くすることが一番重要なことなのです。

例えば、今金利18%で消費者金融から借りているとします。それを金利9%の銀行カードローンへ借り換えすることで金利は9%も低くなり、利息は約半額になるのです。

そうした場合、毎月の残高の減りは今までの倍減ることになり、約半分の年月で完済することも可能になるのです!

借り換えローンとおまとめローンの違いは?

借り換えローンとおまとめローンの違いについてよく聞かれますが、借り換えローンもおまとめローンも内容は同じで、1社や2社などの少ない借り換えのことを借り換えローン、それ以上の複数借り換えを1本におまとめするローンのことを、おまとめローンと呼んでいるだけです。

どちらも借り換えすることいは変わりありませんが、複数の借入を1本化したおまとめローンは1社だけの借り換えよりも、利息の軽減はかなり大きく、それだけキャッシングカードローンは金利が大きなウエイトを占めているということになります。

キャッシングカードローンの借り換えで注意しなければならない点は、必ず借り換えすることが条件となるローンがあることです。フリーローンで借りて、完済する場合はその条件はありませんが、消費者金融などのおまとめローンの場合は、借り換えが絶対条件となることから、もし、低金利で融資を受けても、借り換え先を完済しなければ契約違反となり、最悪、一括請求をされてしまいます。

そして、借り換えせずに、融資金を全額使ってしまった場合は、負債はかなり膨れ上がり、返済不能になるケースも多々ありますので、借り換え・おまとめローンの場合は絶対に完済しなければなりません。

キャッシングカードローン借り換えについてはこちらのサイト(カードローン借り換え比較サイト)が詳しくかいてあります。ぜひ参考に見てください。